葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

ご祝儀をいただいたら

結婚式などでご祝儀を頂くことがあります。
このときに関係するマナーとは、どのようなものでしょうか。
もちろん感謝を述べることは欠かせません。
では、どのタイミングで感謝を述べることが出来るでしょうか。
当然のこととして、ご祝儀を頂いたタイミングでお礼を述べることは必要不可欠です。
しかし、それで終わりでしょうか。
これだけでは礼儀知らずと呼ばれる可能性があります。
日本の一般的なマナーでは、次回お会いしたときにもお礼を述べることが大切なこととされています。
ご祝儀を頂いたときから日付が経過していても、次の顔合わせの第一声で感謝を述べるのです。
こうすることで相手は、こちらが相手の親切を忘れてはいないということを理解します。
そして、マナーをわきまえた大人であることも伝わります。
そして、そのような言葉での感謝の言葉に加えて、後日別の形でも感謝を伝えることが出来ます。
折に触れてギフトを送ることによってです。
普段からしょっちゅう付き合いがある間柄ではないとしても、ご祝儀を頂いたのであればそのいくらかを用いて感謝のギフトを購入してお返しとして送るのです。
相手はお返しを期待しているわけではないはずですが、感謝をされればうれしく思うものです。