葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

話を聞くときのエチケット

夫婦げんかの主な理由の一つは、相手の話を聞くときの態度に問題があることです。
相手は真剣に話を聞いてほしいと思っているのに、聞く側がいい加減な態度では相手の話す気持ちをそいでしまうことでしょう。
心配していることや相談したいことなど、大切な話をしている時であればなおのことです。
では、話を聞くときのマナーやエチケットとはどのようなものでしょうか。
簡単に言えば、真剣に聞くということです。
相手の話していることに一心に耳を傾けるのです。
ほかの考え事をしながら聞くのではありません。
あくまでも相手の言葉に意識を集中するのです。
また、聞くときの相槌も大切です。
相槌に心がこもっていなければ、相手は話を聞いてもらっていないと感じることでしょう。
それで、話の適切なタイミングで相槌を挟むのはよいことです。
しかし、ここでも注意があります。
相手の話の腰を折るような仕方で、相槌を打たないことです。
相手がフレーズを述べている途中で、それを遮る仕方で述べるのは間違っています。
それを聞き終わってから発言するのが親切なことです。
相手の言ったことを理解していることを表すためにも、相手の言葉を反復することも出来ます。
相手は、話が伝わっているのが分かれば安心します。