葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

友人と過ごすときのエチケット

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があります。
これは親しい友人同士で会っても、マナーやエチケットを守るべきだという意味です。
この点で勘違いをする人がいます。
相手とはすべてを見せあえる関係なのだから、ぶっきらぼうな言葉やぞんざいな態度をとってもいいのだと考えるのです。
しかし、それでは大切な友人の気分を害することでしょう。
気の置けない友人であっても、エチケットを守るべきなのです。
たとえば、どのような方法でマナーを意識していることを示せるでしょうか。
一つの方法は、携帯電話の使い方です。
スマホや携帯を人前でもいじる人がいます。
友人と二人きりのときにも、電話をいじり続ける人がいます。
これは相手をないがしろにする行為です。
目の前にいる相手よりも、電話の向こうにいる人のほうが気にかかると述べているようなものだからです。
自分がそのような振る舞いをされたら、不愉快に感じる人は多いはずです。
それであるならば、同じような行為を人にもしないのは賢明です。
電話をいじる必要があるならば、自分一人のときにすればよいのです。
そうすれば、誰の気持ちも不愉快にすることはありません。
二人のときは、相手との時間を大切にするべきです。