葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

面接に臨むときのマナーとは

ビジネス上のマナーを、難しく考える人がいます。
マナーが書かれている本やネット上の情報に触れると、その細かさに圧倒されるのです。
振る舞いや態度に関するルールは、たしかにたくさん存在します。
しかし、そのすべてを覚えておく必要はありません。
ルールを覚えるよりも、そのルールの根底に流れる考え方に注意を向ける方がよいでしょう。
その考え方とは、何でしょうか。
それは相手に対する気配りです。
たとえば、面接に臨んだときに、どのように気配りが必要になるでしょうか。
不注意で携帯電話がなってしまうことがあります。
それ自体すでに減点対象ですが、その後の振る舞いによってはさらなる減点がされるでしょう。
人によっては、そのかかってきた電話に出てしまうのです。
そして、今が面接中であることを述べてから切るのです。
しかし、それは間違った気配りです。
今気配りを示すべきは、面接のために時間を取り分けてくれている担当の人です。
それで、不注意で携帯をマナーモードにしていないことにお詫びを述べて、面接の流れに戻るべきなのです。
あくまでもその場で優先するべきことが何かを考えれば、マナーは難しく考えなくても理解することが出来るでしょう。