葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

ビジネス文書で気を付ける事

言葉遣いや挨拶といったマナーは、多少の至らない所があったとしても、その場限りのものとして笑ってやり過ごす事も可能です。
しかし、メールや書類といった形に残る物の場合はそうはいきません。
親しい友人との間でやり取りするメールやショートメッセージとは異なり、ビジネスで利用するメールや書類は、自分と相手の二人だけではなく、それぞれの同僚や上司の目にも留まります。
その為、最低限のマナーを守った文書の作成が必要となってくるのです。
普段は親しく呼び合うような仲であっても、仕事上の付き合いがあるようであれば、敬称をつける必要があります。
敬称といっても気負って考える事はありません。
相手に役職がついているならその役職を、ついていないのであれば様をつけておけば問題ないでしょう。
ただし、一つ注意しなければならないのは、役職には様をつけないというルールがあるという事です。
同様に、社内の身内を客先へと紹介する際も敬称を付けないというルールがあるので、気を付けてください。
他にも文頭に挨拶を入れる、文末には自身の名前を入れる等、急いでいると忘れがちなので、送信前には一度読み直すクセをつけると良いかもしれません。
文書作成には、見直しが重要なのです。