葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

結婚式の服装について

結婚式の招待状をいただくと必ず頭を悩ませるのが、当日何を着ていくかということ。
花婿花嫁へのお祝いの気持ちを表しつつ、失礼にならないための服装について、いくつかおさえておきたいマナーを取り上げてみましょう。
まず、披露宴が昼間行われるのか夜行われるのかを確認します。
というのは披露宴の時間帯によって、許される服装も多少違ってくるからです。
昼間の披露宴の場合は、肩を露出するドレスはNG。
ノースリーブのドレスには必ずボレロやストールなどを羽織って、肩が露出しないようにするのがマナーです。
また、ラメなどの光る素材やシースルーの透ける素材のドレスは着ない方が良いでしょう。
逆に夜の披露宴の場合は、光る素材や透ける素材のドレスを着ても大丈夫ですし、肩を露出してもマナー違反ではありません。
イブニングドレスなどの長いロングドレスもOKです。
覚えておかなければならないのは、結婚式の主役はあくまでも花婿・花嫁だということ。
結婚式におしゃれをしていきたい気持ちはやまやまですが、花嫁の引き立て役だということを忘れず、ウェディングドレスよりもはでになってはいけません。
花嫁の色である白やオフホワイトなどの色の服装は避ける方が無難です。