葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

エレベーターに乗るときは

オフィスやマンションで日常的に使用しているエレベーター。
自分が乗ろうとしていたら、自分の目の前で扉が閉まって行ってしまったり、あるいは扉を閉める直前に誰かが急に乗ってきたりという体験は誰もがしていると思います。
エレベーターにも待ち方、乗り降りの仕方、立ち方など常識的なマナーがあります。
例えば、エレベーターが来るのを待っている際には、扉の正面に立つことは避け、扉の脇に立つようにしましょう。
これは、駅で地下鉄が来るのを待っているのと同じことで、降りてくる人が優先だからです。
扉の正面で待っていると、降りてくる人の進路をふさぐことになってしまいます。
エレベーターが空っぽになったら、目上の人、高齢者、子供連れの人、女性を優先的に「どうぞ」と乗っていただきましょう。
その間、エレベーター外のボタンを押し続けていると、扉が閉まるのを防ぐことができます。
自分がエレベーターに乗り込んだら、率先して操作パネルの前に立ち、同乗者に「何階ですか」と声をかけ、代わりにボタンを押してあげると親切ですし、エレベーター内の雰囲気もなごみます。
誰かが下りる際には、完全に降りるまで「開」のボタンを押し、完全に降りたのを確認してから「閉」のボタンを押しましょう。
あくまでも公共の場所であることを忘れずにマナーを守って使用することを心がけましょう。