葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

もらって喜ばれる結婚祝いの贈り物

社会人になって何年か経つと、同僚や上司、取引先などから結婚式や披露宴に招待されることも多くなってきます。
その場合はご祝儀を渡すのでそれがお祝いとなるのですが、遠方の場合や招待はされていない場合は、お祝いの贈り物を送る機会も増えてきます。
昔は結婚祝いの贈り物は直接先方に訪れて手渡しするのがマナーと言われていましたが、現在では宅急便で送っても大丈夫ということになりました。
結婚式のお祝いは親しい相手なら欲しい品物を聞いても良いのですが、もし先方の好みが分からない場合にはなるべく他の人とかぶらないように、好きな物を選べるカタログギフトなどでも良いでしょう。
実際にもらってうれしかった!と評判の贈り物としては、実用的なキッチン用品や、ちょっと高価なグラスのセット、ペアの高級なタオルやパジャマなどが挙げられています。
また料理好きのカップルならお料理本やスパイスセットなども喜ばれるようです。
結婚祝いの場合は、のし紙は「結び切り」を用います。
そのまま送りつけるのではなく、ひと言お祝いの言葉を書いたメッセージを同封するようにして下さい。
同僚など同年代の親しい間柄なら、皆で合同でお金を出してちょっと高価なお鍋などを送ると喜ばれるようです。