葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

大人なら知っておきたいエレベーターの常識

エレベーターのある企業では、乗り方、降り方、立ち位置などにもビジネスマンなら知っておかなければならないマナーがあります。
来客や上司と一緒にエレベーターに乗る時は、開閉ボタンを押しながら「お先にどうぞ」と声をかけ先に乗ってもらいます。
もし降りる人がいる時には、そちらが優先になるので、先に降りてもらってから来客、上司の順に乗ってもらいます。
そしてエレベーター内は、操作盤のある位置に自分が立ち、その真後ろが上座になるので来客、その隣が上司になります。
また、エレベーターは来客や上司と一緒ではなく、同僚と一緒だとついつい気が揺るんで私語を発してしまいますが、来客など誰が乗り合わせているかもわからないので、必要以上のことは口にしないのもマナーです。
さらに閉ざされた空間であるエレベーター内での大声の携帯電話の会話は周囲の人に迷惑です。
もし仕事で急ぎの電話だったとしても、手近なフロアーで降りてから電話に出るようにして下さい。
エレベーターを待っている時に、扉の正面で待っている人もいますが、あれはマナー違反です。
降りる人の邪魔にならないように扉の両サイドに立つようにしましょう。
フロアボタンを連打するのもせわしないので、静かに待っているほうがスマートな印象を与えます。