葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

友人宅での食事後のマナー

友人宅で気心の知れた仲間たちと食事を楽しむことがあります。
これは日頃の疲れを癒すよい機会です。
では、この食事後のマナーやエチケットにはどのようなものがあるでしょうか。
食事後には、後片付けを手伝うべきです。
「お客さんは座っていて」と言われたとしても、片づけに加わるべきです。
確かにお客として来ているとしても、友人の家です。
料理の準備から片付けまですべて相手にやらせてしまうのでは、相手に大きな負担をかけることになります。
それで、相手に尋ねながら後片付けに協力するのはいいことです。
さらに、食事後のマナーがあります。
ご飯がひと段落するといったん食器を片付けて、デザートの時間になります。
この後長居をしすぎないようにすることもマナーの範囲です。
相手はホストとして、こちらを招いてくれた側です。
招いてくれたゆえに、相手に帰ってくださいと言うことが出来ません。
しかし、相手にも翌日以降の予定があるはずです。
あまりにも夜遅くまで時間がずれこんでしまえば、相手の翌日以降の日程にも影響が出るはずです。
それで適度な時間でホームパーティーを終わりにして、帰路につくべきなのです。
「まだいてほしい」と行ってもらえるうちに帰るならば相手はあまり負担に感じることはないでしょう。