葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

面接に遅刻しそうなときには

予想外の事態に見舞われることがあります。
予想外のトラブルを完全に避けることは難しいことです。
たとえば、ビジネス上の約束や面接に急いでいる時に、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
その結果として、やむを得ず遅刻になってしまうケースがあります。
想定外のトラブルで遅刻してしまうことは仕方がありません。
そのようなときの対応の仕方で、人への評価は変わります。
このような場面で求められるマナーとはどのようなものでしょうか。
まず真っ先に考えるべきなのは、先方への連絡です。
まずは一報を入れることで、相手は安心してくれるでしょう。
連絡をしないままだとどのような心配をさせることになるでしょうか。
たとえば、先方は約束を忘れられたのではないかと心配し始めるかもしれません。
ここで気を付けたいのは、自分の側の勝手な理屈です。
遅刻によって遅れる時間が数分程度にすぎないからと考えて、連絡をしないのは間違いです。
たとえ数分といえども、相手はいらぬ心配をすることになります。
そのように相手に気をもませるのはマナー違反といえる行為です。
また、次のような勘違いも避けるべきです。
連絡を入れる時間があったら、少しでも早く先方につくべきだという考えです。