葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

公共の場での携帯電話

電車の中や病院、飛行機の中では携帯電話の電源を切るようにという忠告を耳にしたという経験は、誰しもがあるでしょう。
心臓のペースメーカーや精密機器に影響を与える為という名目で今まで控えるよう言われてきましたが、その常識が変わりつつあるという事を御存じでしょうか。
以前に比べ、現在の携帯電話は電波受信の精度が向上しているので、電波を強めなくても通信ができるようになってきました。
メールの送受信程度であれば、余程の事がない限りは問題ないでしょう。
また、精密機器の方も以前に増して電波への耐性が強まっています。
それもあって、昨今は電源を切るという表記がマナーモードに変わり、病院でもロビーでは使用が可能という所も増えてきています。
中でも一番の変化は飛行機でしょう。
機内モードであれば離着陸等の重要な時間帯を除いて利用が可能なのは大変魅力的と言えます。
時代の変化に伴い、公共の場のルールも少しずつですが変わってきて来ていますが、だからといって、どこでも使ってよいという事ではありません。
電車内での通話は周囲の乗客に迷惑がられますし、ながら操作は注意が散漫になり事故を誘発します。
ルールが寛大になってきているからこそ、しっかりとマナーを守るという心掛けが大事になってくるのです。