葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

接待のマナー

身内での飲み会では多少の失敗も大目に見てもらえますが、そこに社外の人間が入ってくるとなると話は変わってきます。
最近はあまり耳にすることも少なくなってきましたが、客先企業を招いて接待をする、あるいは得意先から接待を受けるという経験はないでしょうか。
接待を受ける側であれば、別段横柄な態度を取りでもしない限りは問題になることもないでしょう。
ただし、酒の勢いに押されて仕事に対する不平不満を漏らすなどの行為は相手への印象を悪くするので、控えた方が良いと言えます。
ほろ酔い程度の状態をキープしておくなど、自身でのルールを決めておくのも一つの手法です。
立場の上下があるからこそ、相手に対して敬意を示して物事を運んでいくのが接待を受ける側のマナーといえるでしょう。
一方、接待をする側として注意すべき点は、相手の気質を見極めて接するということです。
大切なのは相手を不快にさせないことなので、一緒に楽しんだ方がいいのか、雰囲気を一緒に楽しむのか、相手によって接し方を変えていくのも一つのやり方です。
また、接待の場で会計等の金銭の話をするのも、相手が気にかけてしまうので、事前に誰が支払うか決めておくと良いでしょう。
これらのマナーを守り、接待を楽しめれば翌日からの活力に十分なり得るはずです。