葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

接客の対応について

接客業と聞くと、様々な客の対応をする事が容易に想像できます。
その中にはもちろんマナーの悪い客も含まれるわけですが、その場合の対応はどうしたらよいのでしょうか。
注意をした方がその人の為になるとはわかっていても、特別親しい間柄というわけでもないのに指摘するというのは大変ためらわれます。
それこそ、放っておけば大きな損害が発生してしまうという事態になって初めて注意をするといった頻度でしょう。
そして、現在の日本では、御客という存在が必要以上に権力を持っているのが現状です。
いくら接客側が提言しても、客からすれば不快な接客に他ならないのです。
更には注意されたがゆえに逆上して傷害事件を起こす、身内に悪口を言い触らす等の報復もあるので、関与しないというのが一番の得策と言えるでしょう。
しかし、一部のマナーの悪い客を放っておくと他の客に迷惑がかかってしまい、結果的に悪評が溜まっていきます。
解決策としては、他の客と距離を置く、個室があれば離れた部屋に隔離するといった方法もないわけではありません。
一昔前であれば、遠回しに指摘するだけで済んでいた事が通用しなくなっている現在、自分の身を守るべき行動が必要となってきているのです。