葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

仕事と礼儀

世の中には食事や贈答、冠婚葬祭と場面によって様々なマナーが存在しますが、その中でも特に気を遣うのはやはりビジネスマナーではないでしょうか。
不定期あるいは頻度の低い催しは、その瞬間さえ気を付ければ大丈夫ですが、ビジネスの場合はそうはいきません。
ほぼ毎日顔を合わせる人間と、コミュニケーションを上手く重ねていかねばならず、一度の失敗が後に引いてしまう危険性もあるのです。
特に言葉遣いは年配者の印象を大きく左右します。
しかし、だからといって身構える必要もありません。
昨今は時代の遷移もあり、言葉遣いに関しても寛容になってきているのです。
それこそ、上司にタメ口を利くなどしない限りは問題ないと言えるでしょう。
大切なのは、相手を目上の相手だと意識しているという意図を伝える事なのです。
一方、マナーだからと敬語を意識しすぎるのも、場合によって好ましくありません。
直属の上司や付き合いの長い取引先との会話では、和やかな雰囲気を堅苦しくしてしまう恐れがあるからです。
中には気にしないという人もいますが、相手が親密な関係を築きたいと思っている場合、敬語が壁になってしまう事もないわけではありません。
会社でも、親しい関係の人とそうでない人とで言葉遣いを変える事が、円滑な人間関係には効果的なのです。