葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

礼儀を使い分ける

昨今は、正しいマナーについて取り上げる内容のテレビ番組も、以前に比べてよく目にするようになってきました。
それらの番組を視聴していると、自分たちが普段から正しいと思ってやっていた言動が、間違ったマナーだと報じられていたりすることも多々あるでしょう。
その影響もあってか、マナーは堅苦しいものであるという印象を持っている人も決して少なくはありません。
確かに、礼儀作法はきっちりとこなせるに越したことはありません。
ですが、必ずしも出来なくてはいけないというわけでもないのです。
そもそも、マナーとは同席する相手を不快にさせない為の作法であり、守らなくてはならないルールというわけではないのです。
友達同士であれば普段使う話し言葉で大丈夫でも、職場の上司に対しては敬語を使ったりする等、場面や相手によって使い分けができれば、多くの場面で普段通りに振舞って問題はないでしょう。
ただし、注意しなくてはならないのが、相手によってその度合いが異なるという点です。
特に初対面の人と同席する場合は、相手がどこまでこちらの言動を許容できるかわからない為、自身ができる最上級のマナーで相手に接するのがエチケットです。
そうすれば相手も、完璧でなくとも受け入れてくれることでしょう。