葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

フレンチで気を付けること

食事のマナーと言えば、必ずまず最初に引き合いに出されるのがフランス料理の食事マナーです。
フレンチは敷居が高いと感じている人は大勢いるはず。
マナーが難しいと知っているがゆえに、自分自身でフレンチレストランに行くことはなかなかなくても、結婚式や接待などでフレンチを食べる機会がないわけではありません。
そういうときのために、いくつか覚えておいてほしいマナーを挙げてみましょう。
ちゃんとマナーさえ知っていれば、冷や汗などかくことなく、美味しいフレンチ料理を心ゆくまで堪能できるのです。
まず、レストランで席に案内されると、テーブルにはすでに食器やカトラリー、ナプキンが用意されていますが、ナプキンを膝に引くのは、そろそろ食事が来るタイミングに合わせるとよいでしょう。
また、食事の前にワインをオーダーする必要がありますが、メニューを見てもどれを頼んでも良いのか分からない場合があります。
そんなときは、ソムリエに自分の好み、例えば赤か白か、甘口か辛口かなどを伝えて、お勧めのワインを教えてもらうのも一つの手です。
いよいよ食事になり、ずらっと並んだカトラリーのうち一体どれを使えばよいのか戸惑うかもしれませんが、外側から順番にという原則さえ知っていれば大体は大丈夫。
高級なレストランで堂々と料理を楽しみましょう。