葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

和食で気を付けること

目上の人との改まった席などで、お寿司や和食を食べる際に意外と見落としがちなマナーがあります。
よくお寿司をお箸で口に持っていく際に、もう一つの手で料理がこぼれないように受け皿のようにする動作をしますが、実はあれはマナー違反なのです。
手のひらサイズの小皿は手に持って良いというルールが日本料理にはあるので、お寿司や刺身などを食べる際には醤油の小皿は手に持つようにするのが正解です。
また、ワサビを醤油に溶かして食べると言う人はかなり大勢いると思いますが、実はこれもマナー違反なのです。
ワサビは醤油に溶かしてはいけません。
溶かさずに、そのままネタに少しだけつけ、そして醤油に付けて食べるようにします。
お寿司のにぎりを醤油に付けるときに、ネタをご飯からはずして醤油を付ける人がいますが、これもNGです。
お寿司をお箸で横に傾けて、ネタに醤油を少しつけてからそのまま食べるのがマナーです。
お椀のふたを取る際には、力を入れてとるのではなく、上の方向に開けて右側に回し、数秒待ってからとるようにすると美しくふたが取れます。
良くふたの内側にしずくがついていて、それが垂れてくることがありますが、この取り方をするとしずくがポタポタこぼれることもあまりありません。
和食のマナーを身に着けて、美しく食事がとれるようになりましょう。