葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

食事をとる際に気を付けるべきこと

家の中や家族と食べる食卓ではなかなか気づきにくい自分の食事マナー。
せっかく素敵な相手と食事に行っても、食事マナーの悪さのせいで「百年の恋が冷めた」なんてこともあります。
例えば、食事の時にくちゃくちゃ音を出しながら食べるのはNG。
ものを食べるときには音をたてないように噛むのは基本のマナーです。
くちゃくちゃ噛む音が自分では気にならなくても、相手にかなりの不快感を与えることになってしまいます。
また、お蕎麦やラーメンを食べるときは、音を立ててすってもいいのですが、同じ麺類でもパスタはNGです。
音をたててすすったら、相手の目が点になってしまうかもしれません。
また、口の中にものがいっぱいつまったまま、おしゃべりする人がいますが、これも立派なマナー違反です。
口にものがはいったまま話すということは、相手に口の中の食べ物が見えるということです。
もし、どうしても話さなければならない必要に迫られた時は、口の中が見えないように口を手で覆いながら話す配慮が必要です。
また、食べるときの姿勢は大切です。
食べるときに前かがみになって、顔全体をお皿に近づけて食べるのは美しくありません。
顔を近づけるのではなく、食器やお箸、スプーンなどを使って、食べ物を口元に近づけて食べるようにしましょう。