葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

ご祝儀を渡す際には

結婚式の服装のほかにも結婚式には知らなければ恥をかくマナーがいっぱい。
これから新しい家庭を持つ二人に祝福の思いも込めて渡すご祝儀ですが、ご祝儀袋の書き方から中身の金額、渡し方などもマナーを押さえておかないと、せっかくの好意も無駄になってしまいます。
ご祝儀の金額の相場は、花嫁花婿とどういった間柄なのか、どれほど親しいのかによっても異なってきますし、自分の年齢も関係してきます。
もし、披露宴に出席するつもりの友人であるなら、相場は2〜3万円が目安でしょう。
結婚式は特に縁起を担ぐ場なので、割り切れる数字である偶数はあまり好ましいとされておらず、逆に奇数は割り切れない数字なので縁起がよいとされています。
ご祝儀の場合も、基本的には割り切れる数字である偶数は避けますが、「2」の場合は使っても大丈夫です。
ご祝儀を入れる封筒をご祝儀袋といいますが、お祝いにふさわしく金額に見合った袋を選びましょう。
金額はたいしたことないのに、相手に期待させるような、袋だけ豪華というのは避けた方が無難です。
使うお金は新札を使いましょう。
もしない場合は、あらかじめ銀行の窓口で新札を用意しておきましょう。
ご祝儀袋を渡すときは、そのままカバンから取り出したり、むき出しで渡したりするのはマナー違反になるので、必ずふくさに包んで持ち歩き、受付でもその場でふくさごと取り出すようにしましょう。