葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

タクシーに乗るときは

ビジネスで上司や同僚、あるいは他の会社の方とタクシーを利用することはよくあります。
その際に、最低限知っておいた方がいいタクシーに関するマナーを確認してみましょう。
まず、覚えておいてほしいのはタクシーにも上座、下座があるということです。
運転席の後ろが上座、次が助手席の後ろ、その次が後部座席の真ん中、下座は助手席です。
一番目下の人が助手席に座りますが、自分が座る前に目上の人に対して上座に座るよう促すのが良いマナーと言えます。
中には、乗り降りがしやすいという理由で運転席の後ろの席よりも助手席の後ろの席の方が好きだと言う方もおられます。
本人がその席が良いという場合はそれに従っておけば間違いありません。
荷物は、大きなスーツケースなどがある場合は、乗車する前にトランクを開けてもらい、トランクの中に荷物を入れるようにしましょう。
助手席に座った人は、道案内や目的地を告げる役目もあります。
助手席に座ったからには、ちゃんとその役目も果たせるよう準備しておき、あいまいな表現を避け、具体的に伝えるようにしましょう。
また、乗ったタクシーの会社名やナンバーを覚えておくと、タクシーの中に何か忘れ物をしてしまった際に慌てなくて済みます。