葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

知っておこう!仏レストランでの基礎マナー

マナーが難しいと思われがちなフレンチですが、レストランは接客のプロなのでわからないこと、迷ったことは聞けば良い!と落ち着いて構え食事を楽しむほうがおすすめです。
基本的なマナーさえ知っておけば、大丈夫なので簡単な基礎知識をご紹介しましょう。
知っておいほうが良いのは、まずコートや大きなバッグは入口で預け、小さなバッグだけを席に持っていくことです。
バッグはテーブルの上に置いたり、椅子にかけたりせず椅子と背中の間に置きます。
着席したら、オーダーをした後にナプキンを広げて膝にかけます。
ナプキンでは口元をゴシゴシ擦らず、二つ折りにしたナプキンの内側でそっと押さえる程度にしましょう。
テーブルにフォークとナイフがずらりと並べられると臆してしまいがちですが、料理の順番に外側から使えば大丈夫です。
もし迷ったらサーブする人に聞いても恥ずかしいことではなくので、堂々と「これを使えばいいですか?」などと質問して下さい。
またパンをスープに浸すのはNGなので気をつけて!
バターは食べる度に少しづつ付けるようにして下さい。
魚も肉も食べ易いように一口づつカットして食べましょう。
食べ終わったらフォークとナイフは揃えて斜め、もしくは横に皿の上に置くのが「終了」の合図になります。