葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

ビジネス文書の封書の書き方

メールの普及でだいぶ紙の文書でのやりとりは減ってきたとは言っても、まだまだビジネスシーンでは郵送する文書は色々と残っています。
特に会社の名前が入った封筒で送る紙の文書は、それだけ重要であるということです。
また、文書自体も大切なのですが、それを入れる封筒の書き方を間違えないように気をつけましょう。
基本的な封筒の書き方をご紹介しましょう。
住所は都道府県名から書き、読み易いように行間を開けてバランスよく書いて下さい。
番地は略さず「◯◯番◯◯号」まで書いて下さい。
先方の宛名は中央にくるように、住所よりは一段下の位置になるように書いて下さい。
また会社名は(株)、(有)と略さないで株式会社、有限会社と書きましょう。
続けて部署名、先方の名前を「様」を付けて書きます。
封筒の裏側の蓋には「〆」の封を書き、会社名が封筒に印刷されている場合は自分の名前を手書きで書き添えて下さい。
また表に貼る切手ですが、大きさや重さによっては料金が高くなります。
何枚も切手を貼るのはちょっとみっともないので、できるだけ枚数を少なくするように配慮して下さい。
もちろん料金不足で先方に支払わせるのはマナー違反なので、郵便料金を調べて不足のないようにしましょう。