葬式時の注意しないといけないこと

葬式時の注意しないといけないこと

社内用ビジネス文書の書き方

ひと口にビジネス文書と言っても、社外用、社内用に分かれ様々な種類があります。
社外用はマナーや形式を重んじますが、社内用の場合は用件を正確に伝えることが最優先なので、簡潔さや分かり易さが求められます。
社内用のビジネス文書は、A4サイズで横書きが基本で、挨拶などの文章は不要、まず文頭に用件名のタイトルを付けます。
内容は「です・ます調」か、「である調」を使います。
また、文章に区切りが無くびっしりと長いと読みづらいので、時々段落を開けて読み易さを心がけて作りましょう。
文章のつながりが難しい時には、箇条書きにしたほうがわかりやすくなります。
用件を書いた後には、その件に関して問い合わせ先の担当者の部署と名前を明記し、返信が必要な時には「いつ」までにと書き添えて下さい。
「社員各位」宛の文書ではなく、特定の人に出す場合には、同じ社内の人間とは言っても氏名や部署、役職などは間違えないようにして下さい。
そして最後は必ず全体を通し読みして、間違いがないか校正をすることが重要です。
充分に意味は伝わったとしても、誤字脱字は「そそっかしい人間」、「注意不足な人」の印象を与えてしまうので、何度か読み直しをすることは大切なことです。